0013 ヨシタケシンスケ「もうぬげない」

絵本

ヨシタケシンスケ「もうぬげない」

とてもかわいくておもしろいお話。ヨシタケシンスケの絵本は子どもを子ども扱いしすぎないところが良いのだと思う。定義しようとしてもしきれないという逆説で個人の特別さをあぶりだした「ぼくのニセモノをつくるには」もそうだった様に思う。もちろん子どもに分かるイメージや語彙しか使えないという制約はあるんだけれど、変に子どもの目線におりすぎてないのが良い。

特に僕が好きだったのが次の一節。なんだかとてもロマンチックである。

それに、ぼくみたいなこは ほかにも いるかもしれないよ。
きっと すぐ みつけられるよね。
ぜったい なかよくなれると おもう。

絵本

Posted by tjknt